グリーンセイバー資格検定

NewGsTop

グリーンセイバーは、植物や生態系に関する知識を体系的に身につけた人材を育成するために、1998年に創設した検定制度です。すでに3500人以上のグリーンセイバーが誕生し、全国の森づくりや環境教育の現場で活躍中。グリーンセイバー向けのスキルアップや活動の機会を提供するなど、合格後のバックアップも充実しています。

2020年より検定制度をリニューアル
ネイチャー・カルチャー・マスターへ
学ぶ内容を整理し、情報をアップデートしました!

これまではベイシック、アドバンス、マスターの3ステップで基礎から応用、指導者レベルへと、段階的な知識の習得を目指していましたが、20年の間に見直しが必要な部分が出てきました。
新制度では、習得すべき内容を大きく自然科学的分野(ネイチャー)と人文科学的分野(カルチャー)の 2 科目に分類。古くなった情報も更新しました。

ネイチャーには、植物の各部の働き、植物の生活史、植物の分布、生態系のしくみ、自然史などが、カルチャーには、植物の栽培方法、人と植物との関係に関する文化・歴史、自然保護に関する法律や制度などが含まれます。ネイチャーとカルチャーはどちらを先に取得しても構いません。同時受験も可能で、両科目を取得するとマスター受験資格が得られます。

スケジュールと受験会場について

これまでは6月にベイシック、アドバンス検定、12月にマスター検定を実施していましたが、2020年度からは、ネイチャー、カルチャー検定を8月、マスター検定を翌年2月に実施します。
※現在、東京都、大阪府以外に、岡山県での受験も実施予定です。詳細は決まり次第お知らせします。ここで実施してほしいというご要望がありましたら、ぜひ事務局までお知らせください。

 

GSschedule

公式テキスト

・ネイチャー、カルチャーともカラー刷り。これまでのテキストよりも写真や図を充実させ、見やすく、親しみやすくなりました。また、分類体系や法律・制度など、更新が必要な内容は、なるべく最新情報を反映させるようにしました。
・ネイチャーのテキストには、植物の各部の働き、植物の生活史、植物の分布、生態系のしくみ、生物多様性、自然史といった内容が含まれています。これまでのテキストの内容を踏襲する一方で、自然環境分野での新しい知見やトピックスを追加しました。
・カルチャーのテキストには、植物の栽培方法、人と植物と関わりの文化や歴史、これからの人と自然のあり方、自然保護に関する法律や制度といった内容が含まれています。これまでのテキストの内容をベースに、樹木・環境ネットワーク協会の活動に直結する里山に関する知識をより充実させ、人と自然のあり方について考えるためのヒントも入れ込みました。
※公式テキスのチラシはこちらからご覧いただけます。>>表面 >>中面
※ネイチャー、カルチャーテキストの内容に一部訂正がございます。申し訳ありません。正誤表をご覧ください。>>ネイチャー正誤表(2020/10/16版) >>カルチャー正誤表(2020/7/17版)

  • 【ネイチャー・テキスト】
    -植物の基礎と生態系を学ぶ-
    定価:2,640円(税込)
    テキスト
  • 【カルチャー・テキスト】
    -人と自然のかかわりを学ぶ-
    定価:2,640円(税込)
    テキスト
  • 【マスター・テキスト】
    -みどりと語り合う人になろう-
    定価:2,860円(税込)
    岩槻 邦男 編 出版(株)研成社
    マスター・テキスト


グリーンセイバーに関するQ&A

マスターや旧制度との関係は?

マスター検定のテキスト、試験内容は当面、変更はありません。
2019 年までにベイシックのみを取得している方は、2020 年以降にカルチャーを取得すると、マスター受験資格が得られます。すでにアドバンスを取得している方は、これまで同様、マスター検定が受験可能です。

また、これまでにベイシック、アドバンス、マスターを取得された方は、今後もグリーンセイバーであることに変わりはありません。
今後は、グリーンセイバーのネイチャー、カルチャー、マスターが誕生することになります。

試験形式は?どのように勉強・準備をしたらいい?

ネイチャー、カルチャー:テキストの中から選択式の問題を出題します。
マスター:小論文を含む記述式問題で知識や知見を問います。
※テキストの内容を検定委員やその分野に詳しいグリーンセイバーが解説するセミナーも実施します。

ベイシック、アドバンスのテキストと過去問題は?

ネイチャー、カルチャーは、ベイシック、アドバンスの内容を2科目に再構成したものです。ベイシック、アドバンステキストおよび過去問題につきましても、参考資料、読み物としてご活用いただけます。

購入はこちら>>> [教材・ツール・企画展示]

合格したらどうなるの?合格後のバックアップって?

フィールドでの保全活動やグリーンセイバーが主体的に企画するイベントで検定取得で得た知識をご活用ください。スムーズに参加に活動できるように、説明会やスタートアップセミナーも開催します。
詳細はこちら>>> [合格後のバックアップ]

グリーンセイバー検定委員

【委員長】
岩槻 邦男 【東京大学名誉教授・文化功労者・兵庫県立「人と自然の博物館」名誉館長】
【委員】
  • 清水 善和 【当協会理事長・駒沢大学教授】
  • 片山 雅男 【夙川学院短期 大学教授】
  • 加治 隆 【前 東京環境工科専門学校長】

ページトップへ